ホーム

記事一覧

RSS

国交省に不正アクセス 不動産登記情報など約20万件流出か


 国土交通省は6月6日、同省のWebサイトが「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受け、アンケート情報や不動産登記情報など最大約20万件が流出した可能性があると発表した。

 流出した可能性があるのは、不動産取引価格などの調査や結果公表を行うサイト「土地総合情報システム」上で、Webアンケートに答えたユーザーの氏名、法人名、契約日、取引価格などが最大4335件。このほか、登記所などでも入手可能な情報ではあるが、所有権移転登記情報(登記原因日、地番、地目、面積など)最大19万4834件も流出した恐れがあるという。

 同省は2日午後4時に同サービスの電子回答システムを緊急停止。6日現在、個人情報流出の有無を調査中で、システム監視の強化、再発防止のための対策を検討しているという。土地総合情報システムでは、被害を受けた「不動産取引価格アンケート回答」以外の機能は継続して提供している。

※引用元:

国交省に不正アクセス 不動産登記情報など約20万件流出か

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/news120.html


管理人の反応

(`o´) オオー


ネットの反応

  • 本来なら公開してもよいよなものなのに、条項公開請求をしても黒塗りの書類しかよこさない。なのに本来は後悔しちゃいけないものを不注意で流出させる。哀れだ、本当に哀れな役所だ。
  • NEWS) それでも責任取る奴ほとんどいないんでしょ?国に個人情報取り扱わせる危険性は増すばかり。マイナンバーも時間の問題だよ。
  • 原因となる脆弱性の報道からシステム停止、調査、公表、対策の期間が遅いのは、当初の初期調査で対応が必要なシステムと認知されていなかった?
  • 3月にあれだけ噴き上がっていた脆弱性放置しているって、委託先はどこだよ。
  • NEWS) 所詮、官僚の仕事なんてこんなもの。で、誰も責任は取らない。業者になすりつけるだけ。
  • 不動産登記の名義人情報が漏えいしたとなると、なりすましで知らぬ間に移転されていたなんてことも今後起きそうですね。
  • Apache Struts 2の最新パッチが充てられていなかたったのだろうか。とすれば該当システム制作会社はとんでもない結果に。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: