ホーム

記事一覧

RSS

がんを抑制する遺伝子の特徴発見 長寿につながる可能性


 100歳を超えるような長寿に関係する遺伝子の特徴を、東京都健康長寿医療センターや慶応大などのチームが見つけた。1千人近い長寿の人の遺伝情報を集めて一般の人と比べた。長寿の人はがんや骨に関係する遺伝子に特徴があり、成果は長寿になるしくみの解明につながる可能性がある。研究が進めば、創薬などの開発にも役立つ。成果を米国の老年医学の専門誌で発表した。

 人が長生きできるかは、適度な運動や栄養といった生活習慣の要因が大きい。ただ、生まれつきの遺伝子による影響も2~3割はあるとされている。

 チームは、95歳以上の530人(大部分は100歳以上)と、79歳以下の4312人の血液などから遺伝情報を得て、個人ごとにDNAの塩基が異なる約24万カ所を網羅的に解析した。確認のため、中国人952人(うち447人が95歳以上)でも同様に調べた。

<以下省略>

※引用元:

がんを抑制する遺伝子の特徴発見 長寿につながる可能性:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK5X72LWK5XULBJ008.html


管理人の反応

(゚д゚) マジ!?


ネットの反応

  • こんな研究が進むと、自然淘汰じゃなくて、作為的に遺伝子をいじる予防医学が振興されて、専門診療科もできそうだ。 まあ、生老病死は人間らしさの根源だけど。
  • 記事の内容よりも、長寿を望まないヤフコメの数々に驚かされた。この閉塞感は…
  • 遺伝子差別が始まりそうですね。そして遺伝子操作された人間が作られる未来が。
  • 癌を抑制して、長生きしても、アルツハイマーやパーキンソンでボケちゃー何とも辛い!
  • LINE NEWS 陰謀論者にはがんを治療する薬が完成していると断言していますよね それを支配者層は隠しているらしいよ


















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: