ホーム

記事一覧

RSS

天才棋士・加藤一二三のテレビ需要が拡大 棋士とテレビの親和性


 史上最年少でプロ棋士となって以来、破竹の19連勝中(6月1日現在)の“天才中学生”藤井聡太四段が話題になっているが、同時にテレビやネットなどで露出が増えている棋士が“ひふみん”の愛称で親しまれている加藤一二三九段。御歳77歳、丸顔・白髪&抜けた前歯がチャームポイントで、番組出演中の天然ぶりから“愛されキャラ”も確立し、女性ファンからも「カワイイ!」と言われる存在にまでなっている。Twitterやニコニコ動画での活動も注目されるなど、精力的な活動を続ける加藤九段は、なぜタレントとしてブレイクしたのだろうか?

天才棋士が残した常人離れの“ぶっ飛び伝説”

 加藤一二三九段(以下、ひふみん)と言えば、将棋界では“1分将棋の神様”“神武以来の天才”との異名も持つ、もはや将棋界のレジェンド的存在。先の藤井四段が14歳2カ月でプロ棋士になるまでは、史上最年少プロ棋士記録を持ち(1954年に14歳7カ月でプロ史上初の中学生棋士となる)、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖などと激戦を繰り広げ、名人ほかタイトルを計8期獲得している“超実力者”なのである。

<以下省略>

※引用元:

天才棋士・加藤一二三のテレビ需要が拡大 棋士とテレビの親和性

http://www.oricon.co.jp/special/50031/


管理人の反応

(゚-゚) ウムウム


ネットの反応

  • ORICON 「一二三ちゃん」って言うと、一重まぶた二重顎三段腹の女性を揶揄する言葉だけど、それをあらゆる意味で超越しているからなのでは。
  • かつての岡本太郎的な、わかりやすく只者ではない老人ポジションかもしれない。
  • |加藤一二三さんは、プロ後毎年昇段し、18才で8段になったとか聞いてます。加藤一二三さん、今は亡き升田幸三さんの二人は好きだったな。
  • 私は普通のコラムだと思いますが、加藤一二三本人は「最低」のコラムとツイートしました。
  • って今のタレントに魅力のある人が減ったからちゃうか? スポーツ選手とかなら好きな選手とかでてるとみるとかあるがね


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: