ホーム

記事一覧

RSS

詰め物・かぶせ物は10年もたない? 治療で歯を失い続けてきた日本人


 熊谷院長の父の崇さんは、山形県酒田市の「日吉歯科診療所」で、メンテナンスを基本にする歯科診療を37年前から実践してきた日本の予防歯科のパイオニア。酒田市の人口は約10万5000人で、そのうち約1万人のメンテナンスを日吉歯科が担っている。20年以上メンテナンスを受けている人が失った歯は、全世代で平均0.9本。5歳以前から通う人の80%は20歳まで虫歯がゼロ。親子3代でメンテナンスに通う利用者も多い。直大さんは米国から帰国した2009年から、父とともに酒田で診療をしてきた。詳細な診療データを蓄積しており、メンテナンスを徹底することで歯を守ることができるのは実証済みだ。

 父の実践は、NHKの「プロフェッショナル―仕事の流儀―」(2014年10月放送)やテレビ東京の「カンブリア宮殿」(16年1月放送)で取り上げられ、大きな反響を呼んだ。メンテナンスのためにわざわざ東京から酒田まで通う患者も現れた。そこで、「酒田でやってきたことを東京に輸出して、国際標準のメンテナンス歯科を日本で確立したい」と、東京に予防歯科の拠点診療所を開業したのだ。

<以下省略>

※引用元:

歯科は予防のため通う : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170602-OYTEW214501/


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • 長年、虫歯や歯周病など、何か問題が起きた時に受診する人が多かったが、歯を守っていくためには、それだけでは不十分だという認識が広がっている。 元の記事を読む...
  • その算定年数も「適正に治療された」前提w セット時に唾液入ったら2年保たないw 「歯医者は二毛作三毛作」という話は今も昔もあまり変わらないのでは?
  • 歯は削ったら元に戻らないのに日本の保険診療は削らないと適応外になるという矛盾。時代遅れ。
  • 歯周病は「完治せず糖尿病や高血圧と同じくコントロールするもの」と思うのですが... また「歯周病安定器治療(SPT)」という「歯周病の定期管理」も保険で項目がありますが...
  • ほんとそう。 治した歯の中に虫歯ができることと、それは歯磨きすれば防げるというわけじゃないことを最近知った。 予防大事だよね。






















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: