ホーム

記事一覧

RSS

音楽教室側、JASRAC集団訴訟へ 200社超参加か


 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料を徴収する方針を決めたことをめぐり、ヤマハ音楽振興会など約340事業者でつくる「音楽教育を守る会」(東京都)は30日の総会で、「教室での演奏には著作権が及ばない」としてJASRACへの支払い義務がないことの確認を求める集団訴訟を起こす方針を承認した。

 すでに大手のヤマハ音楽振興会は7月にも東京地裁に訴訟を起こす方針を決めているが、総会では265社が訴訟に賛同する考えを示したという。訴訟費用は訴訟に参加する事業者が在籍生徒数に応じて分担する。守る会事務局は「200社以上が訴訟に参加する手応えを得た。JASRACを相手取った訴訟では過去に例のない規模になるだろう」と話している。

※引用元:

音楽教室側、JASRAC集団訴訟へ 200社超参加か - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/13134458/


管理人の反応

(゚-゚) ウムウム


ネットの反応

  • うーむ。現行著作権法的には例外規定が営利音楽教室に及ばないから勝てないように思えるけどあくまでも訴訟やるんだな。まあ心情としてはわからないでもないんだけども法律はまた別だからな。
  • これは今までとは違う個人や小規模団体ではないところが今後の著作権の指標になりそうな気がする。いずれにしても注視しなければ。
  • これでダメなら、今度は国会議員が法律を変えるんだよ!! それくらいして見せろ民進党!
  • コンテンツ分野で、集約された大きな力の行使のあり方が問われる事件が続く。
  • 「著作権」を守るのは大事なことだが現状のJASRACを守る必要はこれっぽちも感じない。ただのクソ利権団体。
  • いろんな事業体が参加することで範囲を確定できるのはいいね。音楽大学にも及ぶかどうか判断して欲しいが参加してないのかな。
  • カス~と侮蔑される某会ですが、こういう機会に徹底的にやりあって、きちんとした判例実績を作るべき。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: