ホーム

記事一覧

RSS

息子が勝手に30万もネット売買 親権者の承諾「形だけ」の恐怖


未成年者が簡単にどこでもネット上で買い物ができるという現実に恐怖さえも感じました――。

   埼玉在住の主婦Aさん(51)は、記者にこう話す。高校2年の息子が両親の目を盗み、インターネット通販およびフリマアプリに没頭。わずか2か月半で30万円近い売買を繰り返していたという。未成年者におけるEコマース(電子商取引)の利用をめぐっては、各事業者そろって「親権者などの承諾」が必要不可欠だと謳っているが、実態はどうなっているのか。

※引用元:

息子が勝手に30万もネット売買 親権者の承諾「形だけ」の恐怖

https://www.j-cast.com/2017/05/28298893.html?p%3Dall


管理人の反応

(゚д゚) オオ


ネットの反応

  • メルカリに代表されるフリマアプリはブラックマーケットの温床だよなあ。名前を変えるだけで現金が買えるなら、違法商材もそうやって取引できる。
  • 子供が売買しているのを親が知らないって? それはサイトの問題じゃなくて親子の問題。 つまり子育ての失敗。 自分の無能を棚に上げてサイトのせいにするな(´・ω・`)
  • まぁこういう隙間を狙って商売を始めようとする以上ある程度は確信犯でないと事業の継続・拡大は無理だよな。さすがにクレジットカードの現金化とか、集中砲火必至なものは規制するが
  • 人生経験の少ないヒヨコ達にドラえもんのポケットを渡してると思わないと、親も想像力を!
  • 「Aさんは、「当然息子にも落ち度はあります」としつつ……」 いや、一番はそう言う風に子供を育てた親の落ち度だろ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: