ホーム

記事一覧

RSS

「第7大陸ジーランディア」水没の謎に挑む 探査船ちきゅうが海底を掘削へ


 オーストラリアの東側の海底には、地球で7番目の大陸「ジーランディア」が沈んでいる。その誕生や水没の経緯は長く不明だったが、地球深部探査船「ちきゅう」による調査が1月に正式決定。2020年に海底を掘削し謎の解明に挑む。(伊藤壽一郎)

2つの誕生仮説

 ジーランディアは1990年代の観測衛星による海底地形調査で存在が確認された。面積はオーストラリア大陸の約6割に当たる約490万平方キロに及び、世界最大の島グリーンランドの2倍を超える広大な水没大陸だ。海面より上にあるのは面積の約6%だけで、大半をニュージーランドが占める。

 海底に沈んではいるが大陸だ。地球の表面を覆っている地殻には、厚さが約6キロの海洋性の地殻と、30~40キロと厚い大陸性の地殻がある。ジーランディアの地殻は約20キロで、大陸性と見なされる。大陸性にしか含まれない花崗(かこう)岩や変成岩が見つかっていることも根拠だ。

<以下省略>

※引用元:

【クローズアップ科学】「第7大陸ジーランディア」水没の謎に挑む 探査船ちきゅうが海底を掘削へ

http://www.sankei.com/premium/news/170528/prm1705280018-n1.html


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 科学のタブーだから、伏せておくが、真実はノアの伝説と関係性がある。なぜなら、大洪水によって、世界は再生し生まれ変わった。それがいくつか証拠に残っている。
  • >ジーランディアはオーストラリアの東側部分だったが、約8千万年前に分裂して誕生。約2千万年前にほぼ全域が水没したことが、これまでの研究で分かっている。
  • マグマにより海中より生まれ海中に没しマントルに沈んでいくだろう現大陸のなれの果ての姿なのだろうか?
  • 実は日本沈没の時期を予測するという裏テーマがあります、的な?。。。
  • 「第7大陸ジーランディア」っていうワードのワクワク感やばいぞ。アニメかなんかのタイトル感ある。
  • 2000万年前大半が水没では 知的生物等は居たのかだが 一部生き残った恐竜が此処で知的生物に進化した可能性は 流石に無いのかだが


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: