ホーム

記事一覧

RSS

脳の信号解読、想像も推定 京大などが成功

 脳の活動パターンを人工知能モデルの信号に変換することによって、人が見たり、想像したりしている物体を推定することに、京都大情報学研究科の神谷之康教授や国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の堀川友慈主任研究員のグループが成功した。心を解読する技術の大きな前進で、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで22日発表した。

 神谷教授のグループは、機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)を使って人の脳の活動パターンを計測し、あらかじめ記録しておいたパターンと参照するやり方で、何を見たかを推定することに成功している。ただし、記録されたパターンに対応する物体しか推定できないという限界があった。

 今回の手法では、fMRIで計測した脳の活動パターンを、人工知能で応用されている深層学習モデル(DNN)の信号に変換した上で利用した。5人が「カモ」や「シルクハット」などを見たり想像したりした際の脳由来のDNN信号を、インターネット上にある大規模画像データベースをあらかじめDNNで処理し得た信号と参照することにより、物体を高確率で推定することができた。

<以下省略>

※引用元:

脳の信号解読、想像も推定 京大などが成功

http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20170522000160


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • |流石、京大。脳波による遠隔操作に応用できるかも。さらに、Googleさんの検索技術より一歩先に行けるかもしれない。今からベンチャー企業を設立して事業化を目指した方がいいかも
  • ほえー。東北大学の常温の生体磁場センサー?とかも使えるようになるともっと、研究進むのかなー?(素人妄想
  • これが進めば未来では夢をモニターしたり録画もできるようになるでしょう。
  • これはやべえ。攻殻機動隊の世界が一歩ずつ近づいてきてる。
  • 見たものだけじゃなく、そこから連想したイメージを取れれば楽しそうだし、入口のインターフェイスがfMRI以外でも可能になればウソ発見器(高精度)な玩具とか… //

















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: