ホーム

記事一覧

RSS

日本版GPS衛星「みちびき」 自動運転にマラソンに…高精度の位置情報、活用期待


 日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う準天頂衛星「みちびき」2号機が来月1日、打ち上げられる。地上の位置を高精度に測定する日本独自の衛星で、来年度から計4基で本格的な運用を目指す。車の自動運転などへの応用で社会に大きな変革をもたらすと期待されている。(草下健夫)

米国依存から脱却

 GPSはカーナビゲーションやスマートフォンなどで広く利用されている測位衛星で、みちびきはその日本版だ。発射した電波を地上で受信し、到達するまでの時間から距離を算出して位置を割り出す仕組みで、内閣府が運用する。

 位置を特定するには3基が必要で、時刻を合わせるための1基を含め計4基が基本構成となる。種子島宇宙センター(鹿児島県)からH2Aロケットで順次、打ち上げており、1号機は2010年から運用中。3、4号機も年内に打ち上げる予定だ。

<以下省略>

※引用元:

【クローズアップ科学】日本版GPS衛星「みちびき」 自動運転にマラソンに…高精度の位置情報、活用期待

http://www.sankei.com/premium/news/170521/prm1705210018-n1.html


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • ⇒有事発生の際は、民間使用制限して当然自衛隊や海保が優先使用できるようになってんだろな?
  • この技術進歩が商機になることは間違いない。増える訪日客よおもてなし利用で活かせないか。
  • これは重要ですね。 自前の偵察衛星はどうなっていたかな?
  • 米が戦争で蛇口を閉めたり、相手国が真っ先に狙う現役軍事衛星に依存してる脆い構造はなんとかせんとね
  • 日本版トマホークも近いか。 誤差数センチだと誤爆出来ないじゃん。
















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: