ホーム

記事一覧

RSS

<サザエ>学名なく「新種」 岡山大准教授


 食卓でもおなじみの日本のサザエに学名がなく事実上の新種だったと、岡山大の福田宏准教授(貝類分類学)が19日、発表した。約170年間も別種のサザエと混同され続け、現在まで学名がついていないことがわかったという。今回初めて「トゥルボ・サザエ」という学名を福田准教授が付け、日豪共同発行の専門誌(電子版)に掲載された。

※引用元:

サザエ:学名なく「新種」 岡山大准教授 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170520/k00/00m/040/077000c


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • 同名、ホモニム案件あるある。てことはモーリシャス産の方がTurbō japonicusトゥルボー・ヤポニクスって名前になるのかと思ったが、そっちも異名、ホモニム扱いになってる?
  • 大学の授業で貝類を探して品種を同定してポイントに応じて単位もらうのがあったなぁ。受けてないけど
  • この意外感、面白いです。身近すぎる植物は、誰も気にしてなくてそういうことがあるとは聞いたことがありますが。
  • サザエの種の同定をめぐる170年の歴史を紐解いたら、そもそも日本産のサザエに学名がついていないことが発覚したらしい。こんな形の「新種」発見もあるんだな。
  • 『よく知られた種だから学名がないはずがない』という研究者の思い込みがあった」と話している。 思い込みか….
  • 19世紀のリーブの権威は、21世紀の現代まで及んでいた。
  • 顛末がポンコツすぎる。 モーリシャス産に「ヤポニクス」の名前が付いちゃってるってこと?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: