ホーム

記事一覧

RSS

<小さな巨人>好調の理由は? 「半沢直樹」と似て非なる魅力


 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるTBS系の日曜劇場「小さな巨人」(毎週日曜午後9時)の第5話が14日に放送され、平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。初回でマークした13.7%を上回り、自己最高を更新した。数々のヒット作を生み出してきた同局の人気ドラマ枠「日曜劇場」で、プロデューサーは「半沢直樹」「下町ロケット」の伊與田英徳さんが務めていることから放送前から注目度が高かった今作。これまで視聴率が13%を下回ったのは4月30日に放送された第3話のみと好調をキープしている。その理由に迫った。

 ◇14日放送で第1部「芝署編」が完結

 ドラマは、警視庁の捜査1課長を目指してまい進していたエリート刑事が、あるミスで出世街道を外れ所轄へと左遷されるも、持ち前の捜査能力と事件解決への執念、そして意地やプライドを武器に警察組織の中で奮闘する姿を描くオリジナル作。「日曜劇場」初主演となる長谷川さんが主人公の刑事・香坂真一郎を演じ、香坂の最大の敵と目され、高卒ノンキャリアでたたき上げの警視庁捜査1課長・小野田義信役で香川照之さん、小野田の運転担当で、東大卒ながらノンキャリアの道を選び、捜査1課長を目指す刑事・山田春彦役で岡田将生さんが出演。物語は14日放送の第5話をもって第1部「芝署編」が完結した。

<以下省略>

※引用元:

小さな巨人:好調の理由は? 「半沢直樹」と似て非なる魅力 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

https://mantan-web.jp/2017/05/16/20170515dog00m200035000c.html


管理人の反応

(`o´) オオー


ネットの反応

  • 豊洲署編はとある埋め立て地を「何らかの形で安く購入して」建てられたとうわさされる学校法人早明学園で起こったことらしい。最近のあれのことかな?
  • 何らかの形で安く購入して」建てられたとうわさされる学校法人早明学園の話、これは興味深い!
  • 岡田将生が半端ない。たんなるイケメンってだけでなく、あの冷淡な感じがすごくいい。役者の幅が広がったのでは?
  • 勝ちきれない「ヤキモキ感」ってほんとそれw はせひろさんのプルプル悔しがってる顔と涼しいドヤ顔の無限ループがたまらぬ
  • 長谷川博己の熱さと悪役者の逃げ旨さが悔しくも楽しい!



















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: