ホーム

記事一覧

RSS

走りながら給電、夢の新技術が始動 次世代の電気自動車


 自動車の環境規制が厳しくなる中で、ガソリン車から電気自動車(EV)へのシフトが待ったなしの状況にある。EVの普及には課題も多いが、東大などはこれらを解消する走行中給電の技術開発に成功。未来の自動車網が浮かび上がってきた。(原田成樹)

※引用元:

走りながら給電、夢の新技術が始動 次世代EV (1/3)

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1705/15/news067.html


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • 東京‐大阪間1000億円のインフラ投資なら安いなー。それで電池の容量を半減できるなら安全性も上がる。
  • コイル埋設したとこに立つとビリビリするやつ? ついでに電熱機能もつけとけば冬場安心?
  • 無接続給電を道路に埋め込むって誰が費用負担するの? 電池を搭載しないと給電されていないところを走れない 安くて高性能な電池が肝
  • 雇用が一番の問題じゃないのかなぁ。急激EV化したら日本の自動車産業を支えた熟練エンジニア達はどうなるのか…【クローズアップ科学】走りながら給電、夢の新技術が始動
  • 電気代の支払い方法はどうなるのか? さらにバスならメリット大きいからバスのEV化はどんどん進んで欲しいなぁ🐤👼


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: