ホーム

記事一覧

RSS

人間の嗅覚、本当はイヌ並み? 俗説覆す研究報告


【5月12日 AFP】人間の嗅覚はネズミやイヌ並みに鋭いとする研究結果を、米国の研究者が11日発表した。100年ほど前から述べられてきた正反対の「俗説」を覆す内容だ。

 米科学誌サイエンス(Science)に掲載された論文によると、米ラトガース大学(Rutgers University)の神経科学者ジョン・マクガン(John McGann)氏は、人間の嗅覚が劣っているという、同氏が言うところの「誤解」を導いた過去の研究や歴史的文献を見直した。

 人間は約1万種類のにおいを嗅ぎ分けられると長年考えられてきた。だが、その数は実際には1兆種類近いとマクガン氏は言う。

 同氏の論文によると、人間の嗅覚は貧弱だとする「俗説」の出どころは、19世紀フランスの脳外科医で人類学者のポール・ブローカ(Paul Broca)だという。ブローカは1879年の論文の中で、人間の脳の中で嗅覚野の容積が他の部位に比べて小さいことに言及していた。このことは人間が自由意志を持ち、イヌや他の哺乳類のように生き残るために嗅覚に依存する必要がないことを意味すると、ブローカは主張した。

<以下省略>

※引用元:

人間の嗅覚、本当はイヌ並み? 俗説覆す研究報告

http://www.afpbb.com/articles/-/3127980


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 個人の趣向で、嗅覚の個人差が出る。 と...φ(..) 興味深いですな。臭いに敏感な身としては。 苦手な臭い多過ぎて、逆に過敏に成ってる可能性がある。って事かφ(..)
  • 人間の嗅球は実サイズがかなり大きく、成人で約60ミリに達することもあり、他の哺乳類の嗅球と比べてほぼ同数の神経細胞を持っている。嗅覚に関する人間とイヌとネズミの間の違いは、特定のにおいに対する感受性の差に帰する可能性がある。
  • 記事と全然関係ないけど、大学の先生が女学生が今日生理かどうかをかぎ分けることができると言っていて。リアルに当ててるのみて 教授「臨床家は鼻が大事だから」 ってドヤ顔いまだにわすれられんわぁ
  • おはようございます、本日も営業開始でございます。常識と思っていたことの根拠が意外と薄弱なようで 嗅覚は最も原始的な感覚だから人間様はあんまり使ってないのよー、ってなんとなく思ってましたがねぇ。でも警察犬の真似もできないですけどね。
  • “ただし、上等のワインの香りを嗅ぐことに関しては人間の方が上手かもしれないが、その辺りの消火栓に付いたさまざまな種類の尿の臭いを分析することにかけては、やはりイヌに軍配が上がりそうだ。”
  • 人間は器用だから嗅覚に直接関係のある脳の部位以外の部分を使って、臭いを言語的、身体的、視覚的に表現することで高度な嗅ぎ分けができそう。それだと解剖学的な特徴だけでは判断できないよね


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: