ホーム

記事一覧

RSS

WannaCry対策、MSがWindows XPやServer 2003にも異例のパッチ提供


 米マイクロソフトのセキュリティチームであるMSRC(Microsoft Security Response Center)が、5月12日付(米国時間)の公式ブログ投稿で発表している。

 該当するセキュリティパッチは「MS17-010」で、現在サポート中のWindows(Windows Vista/7/8.1/10、Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016)に対しては、3月14日からパッチが提供されている。Windowsファイル共有のSMBサーバー/SMBv1に潜在する、リモートからのコード実行が可能な脆弱性を修正するもので、深刻度評価は「緊急」。

 さらにマイクロソフトは5月13日、Windows XP/XP Embedded/8やWindows Server 2003向けにも、MS17-010のパッチを提供開始した。これらのOSはすでにサポート終了となっているが、この脆弱性を突くWannaCryランサムウェアが5月12日ごろから世界的に感染を拡大させているため、「highly unusual step(極めて異例の手段)」を取ると、MSRC公式ブログでは説明している。

 カスペルスキー、アバストなどセキュリティベンダー各社の発表によると、WannaCryランサムウェアは5月12日ごろから全世界的に被害を拡大させている。フィッシングメールを通じてPCに感染したあと、上述したSMBサーバーの脆弱性を悪用してネットワーク内に感染を拡大し、感染したPCやサーバー上の重要ファイル(オフィス文書や画像、ビデオ、音声、圧縮ファイルなど多種)を暗号化して開けなくしたうえで、300ドルの“身代金”支払いを要求するメッセージを表示するという。

<以下省略>

※引用元:

WannaCry対策、MSがWindows XPやServer 2003にも異例のパッチ提供

http://ascii.jp/elem/000/001/482/1482839/


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • XPやServer 2003にも異例のパッチ提供」…って見出しがなに言ってるか一つもわかんねえや。わかるのは対策、異例、提供、の意味くらい。時代に取り残されてんのか…多少あせる。多少。
  • XPやServer 2003にも異例のパッチ提供(アスキー) 知らんぷりでも世だろうけど、ソフトを更新しない馬鹿のせいで死人が出そうな勢いだからなぁ。まぁ仕方なかろう。
  • WindowsOSのバグが引き起こした惨事だからね。これを機にサポート終了とかいうふざけたシステムは廃止するべきだと思う。
  • > サポート終了OSへのパッチ配布は「極めて異例の手段」 おお偉い。普通に考えれば新OSに乗り換えてもらう絶好のタイミングなのに。w
  • XPやServer 2003にも異例のパッチ提供(アスキー) かなりの地獄絵図になると見た。XPとWin Server2013は使っている所多いからな。
  • Microsoftとしても難しい判断だったんだろうなぁ。もうサポートしていないOSに手心を加えるという優しさと強さよ……。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: