ホーム

記事一覧

RSS

「1兆2兆の利益は通過点」、“大ボラふき”孫氏のソフトバンクの将来像


 ソフトバンクグループは、2017年3月期(2016年度)の決算を発表した。売上高は8兆9010億400万円、営業利益は1兆259億9900万円、純利益は1兆4744億3000万円となった。

 “大ボラふき”を自称する同社代表の孫氏は、10年前に赤字時代に株主から「ソフトバンクは今後どうなるんだ」と詰め寄られた時に、「大ボラだと前置きして『いずれは、利益で1兆円を達成する会社になりますよ』と答えた」というエピソードから切り出した。

 今期、株式の売却益が純利益を押し上げたことで、初の1兆円超えを達成し、その“大ボラ”が実現した形。しかし、孫氏は「1兆2兆の利益はまったくの通過点」と語り、設立準備中のソフトバンク・ビジョン・ファンドによるさらなる拡大構想を示した。

※引用元:

「1兆2兆の利益は通過点」、“大ボラふき”孫氏のソフトバンクの将来像

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1058960.html


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • 大ボラふきかwソフトバンクはM&Aが利益の源だからねぇ。トヨタは減益減収らしいけど、下請けから搾取できなくなったからだろうか?やはり製造業は頭打ちになるんだな。中抜きするような業態がいいのかな~
  • 安価な衛星通信を実現してほしい。日本のように多数の島々を抱える国にとっては革命的サービスになる。
  • > 「目先のお金がないとなくなく諦めた企業があったが、それを仲間に入れていく、そういう発表が毎月でてくるだろう」と語った。 🙄ほう
  • 会社だから儲けを重視するのはわかるけどこの人の場合は技術云々より金が1番感がするから好きになれない。
  • Watch) 常にギリギリのところでやってる人。そのカリスマ性で金が集まる。誰も真似できない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: