ホーム

記事一覧

RSS

土星の輪の内側、何も無い広大な空間 探査機カッシーニ


【5月6日 AFP】米航空宇宙局(NASA)の無人探査機カッシーニ(Cassini)は、土星の輪の間への突入を2回終えたが、これまでのところなにも発見されておらず、その広大な未踏の空間にはほぼなにもないことがNASAの研究者らによって明らかにされた。

 NASAの研究者らは、これまでに土星の輪の間で宇宙塵(じん)すら見つかっていないことに驚いているという。土星の輪そのものは氷片や岩のかけらなどで構成されており、高速で移動している。

 全長6.7メートルの探査機カッシーニは1997年に打ち上げられ、2004年に土星の周回軌道に入った。

 土星の大気圏の表面と土星の輪は約2400キロ離れている。カッシーニは土星の輪の間を計22回通過する予定で、その後は今年9月に土星の大気圏に突入して燃え尽き、ミッションを終えることになっている。(c)AFP

※引用元:

土星の輪の内側、何も無い広大な空間 探査機カッシーニ

http://www.afpbb.com/articles/-/3127376


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 確か障害物に備えて、パラボラアンテナを進行方向に向けて盾にした状態で突っ切るって事だったんだよね。意外な展開。
  • 土星の環って要は大量のデブリの集まりなんだよね?地球も衛星デブリ放置しまくったら環ができそう。
  • 土星の重力場に飲まれてると同時に環を構成する塵に混じるのかもしれないね。こういう事が分かるのもあとわずかな期間だけ。
  • 最先端の科学を駆使して、最期は流れ星になるファンタジックなフィナーレ。 心がふるえます。
  • 土星の輪そのものも小天体がだいぶ空疎に寄り集まってるだけという話もあるしな。輪と輪のすき間なんてもっとなんもないだろう
  • 重い粒子や帯電粒子は土星か土星の輪のどちらか一方へ引き寄せられるから、その空隙に何も無くても当たり前のような気がするけど?
  • 怪しげな物体が見つからなくて、ガッカリした感じでいっぱいだね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: