ホーム

記事一覧

RSS

コミック界で掟破りのコラボ実現!ライバル雑誌が手を組み交互に週刊連載…9日からスタート


 コミック業界に昭和の頃の活気を取り戻そうという新たな取り組みがある。「ヤングチャンピオン」(秋田書店、毎月第2、第4火曜発売)と「漫画アクション」(双葉社、同第1、第3火曜発売)は、新作「あしたのジロー」(原作・森高夕次、作画・荒木光)を交互に載せ、変則の“週刊連載”とするタッグを結成。9日発売号の「ヤングチャンピオン」からスタートする。ライバル誌の合同連載企画は「禁じ手中の禁じ手」と考えていた森高さん。なぜ掟(おきて)破りに踏み切ったのだろうか。(甲斐 毅彦)

 漫画は日本が世界に誇るサブカルチャーの一つ。だが、昭和の全盛期を経て、残念ながら衰退傾向にあることは否めそうにない。青年コミック誌だけをみても、1996年には5億5272万冊あった年間総発行部数が、2015年には1億7407万冊にまで減少している(出版科学研究所のデータ)。今回の合同企画は、そんな現状を活気づけようという試みだ。

<以下省略>

※引用元:

コミック界で掟破りのコラボ実現!ライバル雑誌が手を組み交互に週刊連載…9日からスタート

http://www.hochi.co.jp/topics/20170506-OHT1T50117.html


管理人の反応

(゚д゚) オオ


ネットの反応

  • TVもスカパーと民放とかNHK地上波とBSでドラマするけど相乗効果より排他効果で嫌う力の方が強そう。
  • コージィ城倉先生、仕事が一気に増える形になるけど、体力面は大丈夫なのかな?
  • これは良くない。読者にとっては面倒いだけ。読者の存在を忘れて、誇りを語るのは違うと思う→コミック界で掟破りのコラボ実現!
  • これ妄想した人多いんじゃない?どちらかの雑誌だけ読んでても話が飛び飛び、もう片方も手に取りたくなる。
  • こういう週刊漫画雑誌文化を海外に直接輸出できないものだろうか? 例えば日仏伊同時刊行にしちゃうとか。
  • チャレンジ良いね。これに続くチャレンジャーたちが読者へのメリットをつくりだせれば。。。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: