ホーム

記事一覧

RSS

小林麻央 食事とれず、痛み止めで感覚鈍るも「心で負けないように」


 がん闘病中で再入院しているフリーアナウンサー・小林麻央(34)が5日、ブログを更新。現在、「食事がとれなくなっている」ことを明かした。ペースト状のものや、汁物は口に入れることができるようで、姉・小林麻耶の友人が作ってくれた愛情の詰まった“栄養食”に感謝した。

 この日は長女・麗禾ちゃん(5)、長男・勸玄君(4)が病院に面会に訪れ「約二週間ぶりに会いました」と子供たちと久しぶりに会えたことをブログで報告。「短い時間でしたが、子供の日に、子供たちから笑顔をもらいました」「幸せでした」とつづった。

 また、「食事がとれなくなっている」麻央のために、麻耶の友人が、自身の闘病体験をもとに学んだ味噌汁の上澄みや野菜ペーストを作ってくれ、それを完食することができたことも記し、「本当に有難いです。栄養が濃厚に詰まっているのがすごくよく分かりました。愛情も」と感謝の思いを伝えた。

 麻央は4月22日に再入院。その後、痛み止めの量を増やし、点滴や輸血などの治療を受けていることを明かしていたが、「痛みどめ薬で、鈍くなっている感覚もありますが、一方で、研ぎ澄まされる感覚もあるのかもしれないです。頑張ったりしなくても、身体は自然に頑張っています。あれこれ考えてしまう心で負けないように。今は、それだけです!!」と自らに言い聞かせるようにつづっていた。

<以下省略>

※引用元:

小林麻央 食事とれず、痛み止めで感覚鈍るも「心で負けないように」/デイリースポーツ online

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/05/0010160346.shtml


管理人の反応

(゚-゚) ウムウム


ネットの反応

  • 腫瘍ができ、ガンマー線照射を受けていた時、全然食べ物が口に入らなくなった。その時、なんとか喉に通ったのは、清涼飲料水のサワーだった。
  • 終末期の迎え方は、個々に違うけど…訪問診療にして自宅で家族と過ごす選択肢はないのかな。
  • 食事とれず、痛み止めで感覚鈍るも「心で負けないように」(デイリースポーツ)それにしても麻央ちゃんは生命力が強い。私だったら、くじけちゃうよ。子どもがいたとしても…母は強しというより麻央ちゃん強しだ。
  • この方の話題、正直もういいです。そっと闘病させて上げてください。
  • とても胸が苦しいねぇ。(涙)













関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: