ホーム

記事一覧

RSS

東出昌大、さわやかなイメージを覆す怪演はさらにエスカレート 「冬彦さん」がネット上で再び脚光


 俳優、東出昌大(29)の怪演が話題となっているTBS系「あなたのことはそれほど」(火曜後10・0)をめぐり、1992年放送の同局系「ずっとあなたが好きだった」で俳優、佐野史郎(62)が演じたマザコンのオタクキャラ「冬彦さん」がネット上で再び脚光を浴びている。

 「あなたの-」は2組の夫婦が不倫劇を繰り広げる物語。東出演じる涼太は、主演の波瑠(25)ふんする妻・美都の浮気を疑い始める。2人で食卓を囲むシーンでは、幸せそうな笑顔を浮かべるも目が笑っていなかったり、深夜には美都の携帯電話をチェック。暗闇の中、美都の枕元でまばたきひとつせずに通話履歴を凝視する表情は鬼気迫るもので、ネット上ではその異様な空気感で「冬彦さんみたい」と騒がれている。

 「冬彦さん」は「ずっとあなたが好きだった」の登場人物で、佐野の怪演が社会現象となった。自宅で木馬にまたがるシーンなどでお茶の間に衝撃を与え、最高視聴率34・1%を記録。「冬彦さん」は1992年度流行語大賞で金賞を受賞した。

<以下省略>

※引用元:

東出昌大、さわやかなイメージを覆す怪演はさらにエスカレート 「冬彦さん」がネット上で再び脚光

http://www.sanspo.com/geino/news/20170502/geo17050214170020-n1.html


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • 海外で苦戦する日本の家電の性能・機能やアイドルの歌唱力同様、俳優の演技力も売れるための必須条件ではないことが分かる。
  • 今見てたけど、マジでコワいコワいコワい!ってなる。東出君の演技力なのか、彼の素がそれに近いのか……。とにかく、コワいわっ!!
  • 懐かしいな!冬彦さんwいや、私も世代ちょっとズレてるけど←言い訳がましい 背伸びしたいお年頃だったから、同級生でもドラマ観てたコいたな…
  • いやいや三枚目の極みと言える芝居を見せた佐野史郎さんと二枚目がイメージと違う役を演じているのと一緒にしてはダメだろう
  • 「冬彦さん」でぱっとわかる世代って30代以降なのかな。 「冬彦さん」がネット上で再び脚光(サンケイスポーツ)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: