ホーム

記事一覧

RSS

タカラジェンヌに匹敵!神田沙也加のファン神対応

 神田沙也加(30)のウワサの“神対応”は本物だった。

 俳優村田充(みつ=39)との結婚が発覚した翌27日に、沙也加の単独初主演ミュージカル「キューティ・ブロンド」大阪公演が幕開け。上演先だったメルパルクホール大阪の楽屋口で、ファン約100人を敷地内へ招き入れ、1人1人に対応した。

 初日は午後7時開演。カーテンコールでファンに祝福され、完全に幕が下りたのは同10時を回っていた。しばらくして楽屋口に姿を見せた沙也加は、大勢集まっていた取材陣との混乱を避け、ファンを楽屋口まで呼び、同11時過ぎまでファンとふれあった。

 宝塚歌劇をはじめ、演劇界の役者は、入り待ち、出待ちするファンにサインをしたり、丁寧な対応をすることが多い。ただ、楽屋口まで呼び入れたことで、集まっていた大勢の取材陣の一部、口さがないスタッフが「パフォーマンス?」とつぶやいた。そのとき、あるファンが聞こえるように「1789のときも丁寧やったし!」と怒気を含ませて言い返した。

 そう。沙也加は宝塚歌劇団の小池修一郎氏によるフレンチミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち~」で、ヒロインのオランプを演じ、確かな歌唱力で、ミュージカル女優としての立場を確立した。

 あのときもそうだった。宝塚歌劇を担当する記者はファンによる出待ち風景は見慣れている。整然と並ぶファンに手を振り、代表ファンを通じて手紙を受け取ったりする。出世するスターは、ほぼ例外なく丁寧な応対。“神対応”に慣れっこの記者から見ても、沙也加はタカラジェンヌに匹敵する丁寧さだった。1人1人の目を見て、きちんとあいさつを繰り返していた。

<以下省略>

※引用元:

タカラジェンヌに匹敵!神田沙也加のファン神対応 - ナニワのベテラン走る~ミナミヘキタヘ~ - 芸能コラム : 日刊スポーツ

http://www.nikkansports.com/entertainment/column/naniwa/news/1815543.html


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • アナ雪での活躍もすばらしく、声優としての評価も高い神田沙也加さん。現在公開中の劇場版ソードアート・オンラインでの演技も感涙ものでオススメです。
  • 笑顔で対応してくれる人、嫌な顔する人、無関心な人、協力的な人…色んな人間に出会いました😅。NGT48のホーム,新潟での握手会に是非。。握手対応良いって聞いてたから行ったのに。。
  • 偉大な母の松田聖子から独り立ちし、芸能界の「母」とも慕う大地真央のはからいで、SAYAKAから「神田沙也加」として再始動。「アナ…
  • 映画公開時は海外出張多くて飛行機の中で観た記憶がある。とってもポジティブな話で好きな映画。
  • 沙也加はかつて、芸能界を離れ、飲食店のアルバイトで生計を立てていたことがある。時給は900円だったという。1年半、そんな生活を続けた。
  • なんだろう、このお嬢さんを見ていると 本当にイヤミのない、可愛らしいお嬢さん♥と思っちゃう。 彼女が画面に映ると耳が、目が、惹きつけられる。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: