ホーム

記事一覧

RSS

コロッケ、迷惑かけてばかりの「ものまね」で初めて人の役に立てた瞬間

 ものまね芸人コロッケの一瞬で繰り出される「顔まね」は、ものまねされている人を知っている人にはもちろん、知らない人をも笑顔にする。美川憲一さんや志村けんさん、なぜかロボットの五木ひろしさんをはじめ、ただ似ているを超越した独特の世界観を持つものまねレパートリーは現在、300種類以上もあるという。

 昨年4月、コロッケが芸能界デビューするまでの19年間暮らした故郷・熊本を地震が襲った。そのときコロッケは福岡にいたため、陸路を使っていち早く現地に駆け付けることができた。その後も支援物資の配布や炊き出しに訪れ、必要としている人には「笑い」を届けた。東日本大震災時にも現地入りして支援を行ったコロッケだったが、当時は現地では「ものまねをやるつもりはなかった」と思っていた。

※引用元:

コロッケ、迷惑かけてばかりの「ものまね」で初めて人の役に立てた瞬間 | THE PAGE(ザ・ページ)

https://thepage.jp/detail/20170419-00000002-wordleafv


管理人の反応

(`o´) オオー


ネットの反応

  • これって外部の人からしたら不謹慎という意識が先行するけど、被災者は毎日必死で疲れ切ってる。 誰も余裕がないから誰も笑わせてくれない。 物資や金だけじゃないんだよね。
  • コロッケさんのお人柄がよく分かるエピソードですね。先月お話しする機会がありましたが、とっても気さくで本当にいい方でした。
  • 被災者に寄り添う事の意味を痛感します。何処かの馬鹿政治家の様に上から目線じゃ駄目。
  • コロッケのモノマネは小さい時から見てるけど、引きつけを起こすかと思うくらいいつも大笑いする。笑い切った後の気持ちいい脱力感は幸せそのもの
  • 「コロッケが熊本地震の被災者の方と一緒に撮った写真はほとんど全部、“岩崎宏美さんの顔”をしているという。」
  • いつかこうなるだろうなと思ったけど、岩崎ひろみじゃなくて岩崎宏美ね。 岩崎ひろみだとふたりっこ...


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: