ホーム

記事一覧

RSS

グーグル、フェイクニュース対策で検索アルゴリズムを変更

 米Googleは現地時間2017年4月25日、フェイクニュースなど低品質のコンテンツが拡散するのを防ぐための新たな取り組みを発表した。検索結果の順位付け方法を変更したほか、ユーザーが簡単にフィードバックするための手段を提供する。

 Google検索では、インデックス化されている数千億のページから信頼できるソースを特定するためにアルゴリズムを使用しているが、検索結果の約0.25%は「不快または明らかに誤解を招くコンテンツ」を表示しているという。

 こうしたコンテンツが検索結果に表れるのを防止するために、同社は人間の眼で検索結果を検証する実験を実施した。3月に改定したガイドラインに基づき、誤解を与える情報、意図品に不快な検索結果、デマ、根拠のない陰謀論などを協力者に報告してもらった。

 実験を通じて検索結果の評価データを収集し、改善が必要な分野を判断した上で、アルゴリズムを変更して低品質のコンテンツの順位が下がるようにした。

<以下省略>

※引用元:

Googleが新たな偽情報対策、アルゴリズム変更で低品質コンテンツを降格

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/042601288/


管理人の反応

(`o´) オオー


ネットの反応

  • グーグルもツイッターもネット規制を始めた。何がフェィクニュースか何て誰にも判定できる権利は無い。権力に逆らうものがみんなフェィクニュースに成りそう。本格的に判定を始めたら暗黒時代の到来に成るグーグル、フェイクニュース対策で検索アルゴリズムを変更.
  • 《検索候補の表示欄(オートコンプリート)や、関連情報をハイライトして検索結果ページ上部に表示する強調スニペットの下部に、Googleにフィードバックを送れるリンクを設置する。》
  • Japan) 発言や動画を切り張りして本質とはかけ離れた嘘の内容にするメディアも弾いてくれませんかね。
  • Yahoo!ニュースの記事です。これに関わらず、常に自分でも真偽の程を落ち着いて判断する習慣を。
  • Japan) ぼくらなんか今日も当時からの事件をもみ消したい偽造学歴戸籍側が、暴行のため何人も現実に殺され訃報や怪我後なのに
  • 産経の論調が変わったのは、これが原因の一つかな?んなわけないよね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: