ホーム

記事一覧

RSS

琵琶湖の「UFO」撤去へ 水質測定施設、老朽化で

 滋賀県は、水質を監視するため琵琶湖上に設置している自動測定施設の撤去に着手する。設置から25年以上たって老朽化に伴う事故が懸念されているためで、県は2018年度にも撤去を終える方針だ。UFOを思わせる形状で目を引いていた琵琶湖の隠れた名物が、姿を消すことになる。

 撤去するのは南湖湖心局(大津市唐崎沖1・5キロ)と北湖湖心局(大津市南比良沖4キロ、高島市今津沖3・5キロ)の3基。いずれも琵琶湖総合開発事業の一環で、1990年~91年に設置された。

 南湖は16メートル四方の高床式、北湖の2基は高さ約20メートル、直径最大6メートルのブイ状。いずれもpH値や溶存酸素量といった水質や、水温、流速などのデータを地上に送信してきた。

 しかし、測定機器が老朽化し、必要なデータ量も確保できたことから、2006年度までに3局とも稼働を停止していた。その後も施設維持に毎年平均で350万円がかかり、船の衝突事故も懸念されていたことから、「一定の役割を終えた」(琵琶湖政策課)として撤去を決めた。

<以下省略>

※引用元:

琵琶湖の「UFO」撤去へ 水質測定施設、老朽化で

http://kyoto-np.co.jp/environment/article/20170420000069


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • あれ?これアークロイヤルボートの前にあるとこだっけ? なくなるのか・・・ルアーとワーム大量にひっかかってるな
  • 六本柱のほんまの用途を初めて知った。いつもお世話になってます。おつかれさま🐟
  • 日清焼そばがスポンサーになって、とんねるずが買い取る、なんてね。
  • 六本注が無くなったら困るバサー多そう・・・。
  • へぇ!こんなのがあったんや!サンプル取りに行ってないから知らなかったわ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: