ホーム

記事一覧

RSS

地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視


【4月20日 AFP】天文学者チームが19日、地球から40光年先で、近くにある恒星を公転している太陽系外惑星スーパーアース(Super Earth、巨大地球型惑星)を発見したと発表した。太陽系外生命体の発見に向けた観測対象の最有力候補になる可能性があるという。

 地球から40光年離れた恒星を公転しているこの系外惑星「LHS 1140b」は、生命存在に望ましいとされる「ゴルディロックス・ゾーン(Goldilocks Zone)」(生命居住可能領域)内を周回している。

 ゴルディロックス・ゾーンでは、惑星は主星から適度な温度の位置に離れている。そのため、この温暖な領域内の惑星に生命の要素である水が存在すれば、それは硬い氷や水蒸気としてではなく、液体として存在できるため、生命存在の可能性が有望視される。

 LHS 1140bの特異性は、その位置だ。系外惑星の検出方法の一つに、恒星面通過(トランジット)と呼ばれる、惑星が主星の前を横切る際の主星のわずかな減光を観測する方法がある。LHS 1140bの場合、主星の光が明るく、軌道周期はわずか25日で、惑星が地球からほぼ真横から見える位置にある。

<以下省略>

※引用元:

地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視

http://www.afpbb.com/articles/-/3125723?cx_part%3Dtopstory


管理人の反応

(゚д゚) ワオ!


ネットの反応

  • そこにある世界はジュラシックパークか、はじめ人間ギャートルズか、はたまたナウシカか。 地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視(AFP=時事)
  • 地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視(AFP=時事) 地球外生命体を信じている私にとってテンション上がる出来事! 友達に一時間くらい語ったらドン引きされたけど懲りてないよ←
  • 地球外生命…最近のトレンドワードだけど、学者達の温暖化ビジネスが下火になってきたから? 地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視(AFP=時事)
  • なんで他の星に生命がいないって決めつけてるの?いるに決まってると思うよ私。 地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視(AFP=時事)
  • なんか最近ちらほらこういうニュースを目にするような気が。ゴルディロックスゾーンってハビタブルゾーンとは違うの?と思ってググったところ、同じ意味らしい。
  • スタートレックでいうMクラスの惑星ね。実はたくさんありそう。→ 地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視(AFP=時事)
  • もし生命が地球と同じように進化したなら、もう滅んでるかもしれないね。 地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視(AFP=時事)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: