ホーム

記事一覧

RSS

「縛り一切なし」をうたうFREETELの999円プラン、端末価格で3年間の“実質縛り”


 この価格設定は、スマコミで扱っている他の端末も同様で、例を挙げると「KIWAMI 2」は通常一括価格4万9800円のところがスマコミでは9万円、「VAIO Phone A」は通常一括2万4800円のところがスマコミで5万7600円といった具合だ。

 端末価格が通常価格より高いということ自体は、商品の値付けに関して販売者の裁量もあるので直接責めるところはない。しかし、申し込みを進めないと端末代が分からず、それも「補足」として小さな文字で添えられているだけなので、ユーザーによっては気づかずにスルーしてしまう可能性も大いにある。

 もし、ユーザーが十分に端末価格について理解せずにスマコミを契約し、通信品質や端末品質に不満を持って3年未満で解約したくなったとする。FREETELは「契約解除料」を設けていないので、解約に当たってこれを支払う必要はないが、端末の割賦代金は契約した時点で発生するので、これは確実に払わなければならない。

 極端な例を考えると、スマコミでPriori 4のプランを契約して1カ月未満で解約すると端末代金と1カ月分の通信料を合わせて3万5299円を支払わなければならない。

 もう少し現実的な例を挙げると、999円プランを12カ月使用した後、2年目から1500円値上げされる前に解約する場合は、解約時に残債を980円×24カ月、計2万3520円支払うという計算になる。

 これでは、「縛りを嫌う」というFREETELを運営するプラスワン・マーケティングの増田薫社長の発言とは裏腹に、実質的に端末価格に解除料を上乗せしていると見えてしまう可能性もある。「FREETELが選ばれる理由」という同社のページには「端末がお得(適正価格)」と「解約手数料&基本契約の『2年しばり』がないので気軽に導入いただけます!」とあるが、スマコミはこれに逆行するプランではないか。

※引用元:

「縛り一切なし」をうたうFREETELの999円プラン、端末価格で3年間の“実質縛り” (1/2)

http://www.itmedia.co.jp/mobile/spv/1704/18/news045.html


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 最近のスピードテスト時だけ回線速度を上げるチート戦略に加えこれが彼らなりの「自由で安いスマホ」のあり方提案なのだろうか?
  • 個人的には、何故みんな格安スマホを契約するのか謎。キャリアとは格安SIMだけ契約して、好きなSIMフリー端末を別で用意すればエエやんw
  • ▶端末と通信のセット買いはしないから良いけど、これは騙されるねえ。商売は分かるけど、やり方がセコい。まあフリーテルだしな。
  • 携帯のプランはこういうの結構多いからよく調べないと。幸い解説サイトはたくさんあるので参考にするとかね
  • 安すぎる価格設定には必ず罠がある。高すぎる価格設定はどこかでボラれてる。間を探すのもまた知識が必要。
  • これを詐欺でもなんでもないというから日本って凄い。罠がある時点で下衆の極み。 ---


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: