ホーム

記事一覧

RSS

パンクしない自転車タイヤ、ブリヂストンが開発 2019年に実用化目指す


ブリヂストンが2013年に発表した、空気を詰める必要がないタイヤを作る「エアフリーコンセプト」の技術を応用。タイヤ側面に張り巡ぐらせたスポークに、強度と柔軟性を両立した樹脂を採用し、荷重を支えるという。材料には、リサイクル可能な樹脂やゴムを使用し、資源の効率的な活用につながるとしている。

新型タイヤを搭載する自転車は、イベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」(4月30日に福岡県久留米市、6月4日に横浜市で開催)で試乗できるという。試乗したユーザーの意見を取り入れ、実用化に向けた検討を進めるとしている。

(c) ITmedia Inc.

【関連リンク】

“ホンダの倒れないバイク” あまりの大反響に中の人が「びっくり」 開発の狙いは(動画あり)

走りながらタイヤに空気を自動補充する自転車

<以下省略>

※引用元:

パンクしない自転車タイヤ、ブリヂストンが開発 2019年に実用化目指す

http://www.oricon.co.jp/article/171888/


管理人の反応

(`o´) オオー


ネットの反応

  • バイクのタイヤだと、後輪は前に蹴り出すために、前輪はブレーキで踏ん張るために、前後でパターンが逆になると聞いたことあるけど、これは前後同じだなとか思った。
  • 面白い。形状から風切り音や泥はねは大丈夫かと心配になるけど、その辺は開発段階でクリアされるかな?あと、虫が隙間に巣を張りそうw
  • 耐紫外線、ブレーキがどんな仕組みなのか気になる。好みで柔らかめの車輪、硬めの車輪と乗り心地が選べるといい。
  • そして、タイヤの空気いれ作ってる会社がつぶれる。 技術は、損失を少なくするが、かわりに損失を補填していた人の職を奪う。
  • 韓国制で既に製品あるけど200km走れるシロモノではなかった。BSはちゃんと作ってくれるかな
  • もう既にパンクしないタイヤって見た事あるけど、今あるやつって全部ゴムで出来てるとかだよね… この新しいやつって衝撃も吸収出来て良さそう…?
  • そもそも論の指摘点は多いけど、まず実用化されてからの方が実際の欠点が明らかになって良いだろう。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: