ホーム

記事一覧

RSS

憔悴した姿で通夜に…清原和博氏の後見人“不審死”の真相


 2016年6月に覚醒剤取締法違反で懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決が確定した元プロ野球選手の清原和博氏(49)。その「後見人」「弟分」と呼ばれた男性Aさん(43)が4月8日に都内で死亡し、11日午後8時から、Aさんの出身地である愛知県稲沢市の葬儀場で通夜が営まれた。

 清原氏は通夜が始まって5分ほどしてから、白のワンボックスカーに乗って現れ、敷地奥の駐車場に停めて車から降り立った。20人ほどの報道陣を気にする素振りも見せなかったが、その姿は憔悴し切った感じで、シャツの第1ボタンは締めず、ネクタイはよれよれ。礼服ははち切れんばかりにパンパンだった。

 関係者と挨拶を交わして式場の中に入り、5分ほどで焼香を済ませると、車の後部座席に乗り込んで帰っていった。

<以下省略>

※引用元:

憔悴した姿で通夜に…清原和博氏の後見人“不審死”の真相 | 日刊ゲンダイDIGITAL

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/203343


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • 大丈夫なわけがない。断酒が必要なのだが、そうなると拠りどころは宗教か。どこかのお寺さんで預かってもらったらどうだろうか。
  • 憔悴しててもネクタイはヨレヨレにならないので、まあ生活が乱れてるのかなあ。予想通りお酒飲んでるみたいだし。
  • 「一方、清原氏も持病の糖尿病が悪化し、薬物依存の治療どころではない状態のようだ。」
  • Aさんは亡くなる直前まで、友人と一緒に酒を飲んでいた 清原氏も持病の糖尿病が悪化し、薬物依存の治療どころではない状態
  • ⇒落ちぶれた時にこそしっかりした生活をしてほしいですね。













関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: