ホーム

記事一覧

RSS

車にひかれる鳥は「鳥頭」だった、研究


【3月30日 AFP】車と衝突して死ぬ鳥は、車を回避できる鳥よりも脳が小さい傾向がある――こんな研究結果が29日、英国王立協会(Royal Society)のオンライン科学誌「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス(Royal Society Open Science)」に掲載された。

 フランス国立科学研究センター(CNRS)の進化生物学者アンダース・パぺ・メラー(Anders Pape Moller)氏らは、251種・計3521羽の鳥の死骸を解剖し、体の大きさに占める脳のサイズの比率を調べた。この「鳥頭の法則」は、異なる種類の鳥にも当てはまるという。

 例えば、カラスは体長に対して脳が大きいが、行き来する車をうまく避ける能力にも非常に長けているという。フロリダ州のハイウエーで行われた先行調査では、車にひかれた動物の死骸をついばむカラスたちが、わずか数センチしか離れていない隣の車線を猛スピードで走り抜ける車の存在は無視し、自分たちのいる車線に車が走ってきたときだけギリギリのタイミングで飛び立って危険を避けるのが確認されている。

<以下省略>

※引用元:

車にひかれる鳥は「鳥頭」だった、研究

http://www.afpbb.com/articles/-/3123318


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • オープン・サイエンス王立協会って何?的なところから原文をチラ見したが、総数3500余りで250種類の鳥のデータって、一種類15匹程度?それで統計上の補正ができるの?的なところ。以前メディアの科学記事の信頼性の表が出てたよな。
  • 車にひかれる鳥は「鳥頭」だった研究(AFP=時事) カラスは憎たらしい。ギリギリまで車道にいて運転者をあざ笑っている。そしてクルミ等を自動車に轢かせて割る。ベランダの弾銃の空薬きょうには硝煙臭くて近づかない!
  • 体長と脳の大きさの比率によって車にひかれる確率が変わる?種別差だけでなく同種個体でも差が見られるということは……鳥版発達障害的な何か?
  • ウチの店の正面のガラスにもたまに人間がぶつかるんですけどまさかそれも…?(皮脂による顔型が残される
  • 偶に轢かれてる小鳥を見るけどそうなのか… 運動能力や警戒心の個体差、人や車慣れじゃなくて? /車にひかれる鳥は「鳥頭」だった、研究(AFP=時事)
  • 確かにハトはよく撥ね飛ばす あいつら電車の目の前でUターンするからな。 車にひかれる鳥は「鳥頭」だった、研究(AFP=時事)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: