ホーム

記事一覧

RSS

張本氏、侍首脳陣の不和を暴露 「監督の言うこと聞かないコーチがいた」


 野球解説者の張本勲氏が26日、レギュラーコメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」の人気コーナー「週刊・御意見番」に出演。WBC決勝で米国に敗れた侍ジャパンについて、小久保監督をはじめとした首脳陣をバッサリ切り捨てた。

 敗因について、小久保監督の経験不足を指摘し、「まずは小久保監督。コーチも監督もやっていない人に大役を与えたこと」とその起用を批判。司会の関口宏に対して、「例えば関口さんがNHKの紅白の総合司会をしろとなったらやるでしょうけど、戸惑うわね?」と付け加えた。

 さらに「いいコーチを付けてやるべきだった。昔から武将は豊臣秀吉も家康も、やっぱり人事ですよ」と持論を展開。

 その上でそのコーチの中に“反乱分子”がいたと明かし、「組織だからコーチが監督の言うことを聞かないでチームをかき回してどうするの?選手はみんな見ているから。うちの首脳陣は何をやってんの?と。そういうことがありました」と話していた。

<以下省略>

※引用元:

張本氏、侍首脳陣の不和を暴露 「監督の言うこと聞かないコーチがいた」/デイリースポーツ online

https://www.daily.co.jp/baseball/2017/03/26/0010036582.shtml


管理人の反応

(゚-゚) ウムウム


ネットの反応

  • まあいろいろ言われているが、彼は自分のポジションを意識して毎回発言していると思う。やや抑制が効いていないが、的外れすぎた発言ばかりなら今の地位にもおらんだろう。
  • 単に権藤のことが嫌いなだけじゃないの(笑)。ま、代表監督が自身の考えでコーチ陣を構成できないのはおかしな話。選手選考を含めて手枷足枷があり過ぎて気の毒になる。ベスト4は実力相応。あとは運次第だったと思うけどねぇ
  • それもあるかもしれないけれど、要は実力負け。 日本人が解説する中継番組で多くのファンが日本が強いと錯覚しただけ。
  • この記事を読む限り、張本氏は、小久保監督ではなく、起用した連盟と一部コーチを批判していたようですね。連盟は、こういう反省をしっかりと行うことが大切だと思います。次期監督がやりやすい環境を作るためにも。
  • 誰だか知らないけど、どんな状態でも準決勝まで行ったのは事実。 監督も退任するんだし、次の人には勝負に徹する事ができる監督経験者を希望します。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: