ホーム

記事一覧

RSS

ゲス極が事務所退社、複雑背景…今後の活動も不透明

 川谷絵音(28)がボーカルを務め、活動自粛中のロックバンド「ゲスの極み乙女。」が、所属事務所スペースシャワーミュージックとの契約満了に伴い、近日中にも同事務所から離れることが30日、分かった。双方で協議の結果、契約満了をもって再契約しないことで合意したという。

 円満退社だが、背景は複雑だ。川谷は1月にベッキー(32)との不倫交際を報じられた。ベッキーはCM契約10社全ての露出がなくなり、2月に所属事務所が地上波レギュラー9番組の出演を見合わせると発表して活動休止に追い込まれたが、川谷はバンド活動を変わりなく続けていた。

 しかし9月末、当時未成年だったタレントほのかりん(20)との飲酒デートが報じられると事態は一転。事態を重く受け止めた所属事務所は10月上旬、当面の活動休止を決定した。同時に12月に予定していたアルバム発売も延期。「ゲス-」は今月3日の公演をもって、活動休止に入った。

 ほのかは未成年当時の川谷との飲酒デートが発覚すると、出演していたNHKEテレ「Rの法則」を降板。出演予定だった舞台も降板した。さらに今月16日、所属事務所が契約規定(法令順守に関する)違反で契約を解除したと発表した。不倫騒動や未成年タレントとの飲酒、さらにほのかの重い処分などを考慮し検討した結果、契約を更新しなかった可能性もある。

 所属事務所はデビュー当時から見守り続け、人気アーティストになるまでバックアップしてきた。川谷の不倫騒動も防波堤となって守ろうとしたが、最終的に手を引く形になる。「ゲス-」の活動再開時期は未定だが、所属事務所がない状態は、今後の音楽活動に多大な影響を及ぼす。

 ◆川谷絵音の騒動経過 今年1月、週刊文春がベッキーとの不倫疑惑を報道。ベッキーは同誌発売前日に会見で恋愛関係を否定したが2月に入って活動休止。川谷は3月に妻と別居中で離婚協議中と告白。4月にベッキーが川谷の妻に謝罪。5月9日に川谷が離婚成立を公表。ベッキーは同13日の録画出演番組で「恋愛関係でした」と告白、川谷もブログで不倫を認めた。川谷は9月、未成年だったほのかりんとの交際と飲酒デートが発覚、10月3日のライブで事実関係を認めてファンに謝罪。同19日にバンドとしての音楽活動を12月3日のライブを最後に休止すると発表した。

※引用元:

ゲス極が事務所退社、複雑背景…今後の活動も不透明 - 音楽 : 日刊スポーツ

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1759055.html


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • 誰も仕事で関わりたくない疫病神グループ。 2016年中に消えてくれて清々した。 2017年には誰も覚えて無いし忘れ去られる存在になって欲しい。
  • これは報道の仕方なのか?解らないが、表面的な解釈をしてしまうと、この川谷さんという人、本物のサゲチンではないか?関わる人、みんなダメになっていく。負の連鎖なのか?
  • わっちは個人的に、少々不倫しようが寛大な目で見ることが多かったが、川谷、乙武、ファンキー加藤は許せん!特に川谷は二度とツラ見たくない
  • 安心してください。ベッキーの違約金は払わないのに、ほのかりんの分は支払う態度に幻滅。 もう、応援しませんから。残念!!
  • 女性タレント二人の人生を壊滅させたんだから、当然の報いでしょう。 いい曲書くから何でもアリというのはナシでしょう。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: