ホーム

記事一覧

RSS

矢沢永吉は楽屋裏でもスケール規格外!20メートルの移動をアレで…

 限られた関係者のみが知る話を「楽屋裏」と表現することがある。マスコミも取材対象と親しくなり、楽屋に行く機会は多い。

 ただ、「超」のつくほどのスターには「演者は舞台で全てを表現するもの」という思いが強い人も多々いる。個人的には常々、それを尊重したいと思っている。楽屋で接する機会があっても、そのことを強く念頭に置いている。しかし時として、そんなご立派な信念を余裕で覆す驚きの場面に出合うことがあるのだ。

 つい最近も、そんなことがあった。9月18日に千葉・袖ケ浦海浜公園で行われた野外フェス「氣志團万博」を終日取材したときのこと。この日の取材部屋は、出演者やスタッフしか入れない区域に作られた。飲食スペースや休憩ゾーンもあるため、知人や家族らを招き入れて談笑するアーティストの姿もあり、舞台裏は大変にぎやかだった。

 これだけなら、なんという事もない。だが、矢沢永吉(67)が現れた瞬間、場の空気は文字通り一変した。泣く子も黙る「ロック界のレジェンド」は出番の数十分前に、街中では滅多にお目にかからない高級車で楽屋棟の真横に乗り付けた。スタッフの慌ただしさが目に見えて増す。一気に緊張が張り詰めた。

 しかし、本当に衝撃だったのは、いよいよステージに向かわんとする場面だった。楽屋棟からステージまでは、約20メートルほど。「屈強な関係者数人に囲まれて、歩いていくのかな?」そう思った瞬間、YAZAWAはなんと、再び高級車に乗り込み舞台へ向かったのだ。一緒に取材していた他のスポーツ紙記者と「ビッグだなぁ…」と顔を見合わせた。

<以下省略>

※引用元:

矢沢永吉は楽屋裏でもスケール規格外!20メートルの移動をアレで…

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/30/kiji/K20160930013448320.html


管理人の反応

(゚д゚) オオ


ネットの反応

  • ファンには申し訳ないけど、凄さが全くわからない。フェスはアーティスト同士でも交流する場なのに、自分の番終わればさっさと出るなんて信じられない。
  • NISSANの電気自動車で自動運転で移動、だろ? ろ?w
  • 「気持ち良い風が吹くねぇ」っていうだけで全身鳥肌のかっこよさだったもんな、ろけんろーっ!
  • マレーネ・ディートリッヒの「モンテカルロ物語」で向いのホテルに行くのにタクシーに乗るというネタがあった。(タクシーがくるっと半周するだけ)
  • 俺はこれを笑わせに来てるとしか取れないけど、ファンはカッコいいと思うんだろう。それはもはや信仰である。















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: