ホーム

記事一覧

RSS

桑田真澄さんとMattさん“父子2ショット”が実現

 スポーツ報知評論家の桑田真澄さん(48)の次男で、桜美林大4年のMattさん(22)が29日、東京ドームシティ内の「MLBカフェ東京」で行われた桑田さんのスペシャルイベント「大好きなワインと野球と、夢のひととき」にサプライズ出演し、父子ツーショットを果たした。 大学で音楽を専攻するMattさんはサックスでビートルズの「Let It Be」を披露。満員の80人を何度も驚かせた。 「今日は助っ人をお...

続きを読む

“男性保育士に娘の着替えをさせないで”にホリエモン「気にしすぎ」

 29日放送のTBS系「サンデージャポン」(日・前10時)で、「男性保育士に娘の着替えをさせないで」と千葉市に要望があったとのニュースを取り扱った。 この報道について、コメンテーターとして出演した橋本マナミ(32)、杉村太蔵(37)、堀江貴文氏(44)が議論を戦わせた。 19日、千葉市の熊谷俊人市長(38)がツイッターに「千葉市は男性保育士活躍推進プランを策定しました」と投稿。男性保育士の現状を伝...

続きを読む

「君の名は。」フランスでも絶好調 アニメファン以外も注目

[映画.com ニュース] 昨年日本での興行収入ベスト1に輝いた「君の名は。」が、フランスでも12月28日から公開され、大きな話題を集めている。もともとフランスには日本のアニメファンが多いが、新海誠監督の作品が劇場公開されたのは本作が初めて。これまではDVDリリースのみゆえ、一部の熱狂的なファンを除いては、監督はほぼ無名に近かったと言える。それだけに配給会社も反応が読めなかったと聞くが、蓋を明けてみれば多くの...

続きを読む

和田アキ子 がんで子宮全摘出…自殺考え、実母に代理出産頼んだ過去

 歌手・和田アキ子(66)が29日に放送された読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝!」に出演。再婚1カ月後の31歳の時に子宮がんで子宮を全摘出したこと、がんと宣告され、自殺を考えたことなどを告白した。 和田は1976年に当時のマネジャーと結婚するも9カ月で離婚。81年、31歳の時に現在の夫・飯塚浩司さんと再婚したが、再婚1カ月後に子宮がんと宣告された。「(子宮を)全摘出しないとダメ」「子供は一生...

続きを読む

「ポケモン ダイヤモンド&パール」に登場する幻の最強ポケモン“アルセウス” 発売後10年でついに入手方法判明か

 コトブキシティから規定の操作を行うことでたどり着くことができるマップ「なぞのばしょ」で、一定の歩数を上下左右に進むなど再度規定の操作をするとレベル80のアルセウスが出現し、それを捕まえることで入手が可能になるもよう。この「なぞのばしょ」については以前から存在が知られており、アルセウスの入手方法も模索されてきましたが、これまでアルセウスを入手する具体的な手段が確立されることはありませんでした。 発売...

続きを読む

島崎遥香「あるまじき」セリフに異例の放送前お断り

人気作品のパロディーや登場人物たちのコント的な掛け合いが人気の同ドラマで、島崎は、堤真一演じる主人公・左江内英雄の毒舌な娘・はね子役で出演している。28日放送の第3話は、はね子がアイドルオーディションに挑むというストーリーで、元AKB48の島崎がどのように演じるのかと期待されている。 劇中、どうやら“炎上”しそうな過激なセリフもある様子。福田氏は26日にツイッターで、第3話の脚本は、はね子役に島崎が決定する...

続きを読む

新妻聖子が外資系会社員と熱愛!結婚前提の真剣交際

 ミュージカル女優の新妻聖子(36)が、30代の一般男性と結婚を前提に真剣交際していることが28日、分かった。 民放のカラオケ番組で「最強歌姫」として3連覇を達成し、昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」にも出演するなど活躍中の新妻が、静かに愛をはぐくんでいた。関係者によると、お相手は外資系の金融関連企業に勤める30代後半の会社員。新妻より年上で、スポーツマンタイプのイケメンという。約1年前に知人の紹介...

続きを読む

NHK総合影の高視聴率番組「さわやか自然百景」とは 数字じわじわ上昇中

 「さわやか自然百景」をご存じだろうか。NHK総合で日曜午前7時45分(一部地域除く)から放送されている約15分の自然番組で、ひそかに高視聴率を記録している番組だ。タイトルに聞き覚えはなくても、見たことはあったり、テーマ曲を聞けば「あの番組か」と分かる人も多いだろう。全国各地、四季折々の美しい映像を記録した同番組について、「この番組の取材を受けるのは初めてかもしれません」と語る伊豆浩プロデューサー...

続きを読む

愛弟子・小西博之が語る 松方弘樹さんが「木曜」だけ飲まなかった理由

 僕にとっては「時代劇と夜の師匠です」と肩を落とすのは“コニタン”こと小西博之さん(57)。先日、亡くなった俳優の松方弘樹さん(享年74)とのくめども尽きぬ思い出について語ってもらった。  ◇  ◇  ◇ 駆け出しだった僕に京都の夜の醍醐味と時代劇のイロハを教えていただいた師匠が松方さんでした。初めてお会いしたのは87年秋。東映の京都撮影所で行われたTBSの正月大型時代劇スペシャル「徳川家康」の現場で...

続きを読む

ハーフ枠から“いち抜け”したローラ、類稀な好感度で独自ポジション確立

 多くのハーフタレント、ハーフ芸人(クォーター)たちが、さまざまなのバラエティ番組で大活躍していた一時期のブームも落ち着いた感のある昨今。マーケットの需要に対して飽和状態であるなか、そこから頭ひとつ抜きん出ているのがモデルでタレントのローラだ。その美貌とは相反する天真爛漫なキャラで誰彼となくタメ口で接する姿は笑いを誘い、思わず好感を抱かされる。また、現在公開中のアクション映画『バイオハザード:ザ・...

続きを読む

井上公造氏、大物女優「N」が6月結婚

 芸能リポーターの井上公造氏が、28日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜、午後2・24)に出演。司会のナインティナイン・岡村隆史に、芸能人の結婚にまつわるイニシャルトークを求められ「女優N」の6月結婚を予言した。 番組の最後に色紙にサインとともに、イニシャル予言を記入するよう求められると「女優Nが6月結婚」と書き込んだ。 「N」は「名字です」とし、「大物です」。6月で間違いないかと聞かれると、「こ...

続きを読む

ワンオクTaka苦言でマキシマムザ亮君ブログ話題

そんな中、亮君の07年9月5月のブログが話題に。当時、マキシマム ザ ホルモンのライブでも特定のファンが自分の“定位置”を陣取っている状況にあったそうだが、亮君は「おなじみの『常連グループ』が『いつもの位置』でいつものように同じようにライブを観ているのはなんかもったいない気がするんだ」と、新しい発見をみすみす見逃していると指摘し、「まあ、自分のいつもの『定位置』なんか忘れて いろんなところからいろんな意味...

続きを読む

ロンブー淳、ベビーカー論争に怒り爆発「車載カメラつけようかな」

 28日に放送されたTOKYO MX「訊きたい放題!」(土曜・後5時)で、「ベビーカー論争」について討論。MCをつとめるお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(43)が、熱く持論を展開した。 同番組ではベビーカーでの満員電車への乗車に批判の声が挙がることや、初詣自粛を呼びかけた寺社があったことなどをテーマに取り上げた。2016年10月に第1子となる女児が誕生している田村は、まさにベビーカー...

続きを読む

堀江貴文氏「悪いんか?」生放送中スマホ操作で反論

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(44)が、テレビ朝日系「朝まで生テレビ!」の本番中にスマートフォンを操作していたことに対する批判に反論した。 堀江氏は27日深夜放送の同番組に生出演したが、スマートフォンを操作していたことについて、視聴者からツイッター上でツッコミが入った。すると堀江氏は、「いじったら悪いんか?」と返信。「マナーくらい守れよ」という批判に対しても、そもそも現場にWifiが用意され...

続きを読む

小林麻央、退院を決意 「子どもを感じられる環境が今、必要」

 乳がん闘病中の小林麻央(34)が28日、自身のブログを更新し、退院日を決めたことを報告した。 「栄養」とのタイトルで更新した麻央は「今、甘酒をちょびちょび頂いていました。飲む点滴と言われるくらい栄養が豊富なのですよね。工夫しながら、栄養を摂っています」と写真をアップするとともにつづった。 さらに続けて、「今、何が必要か。やはり子供達を感じられる環境だと思います。心の栄養」と子供達に寄り添いたいと...

続きを読む

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: