ホーム

記事一覧

RSS

ムロツヨシ、吹き替え声優初挑戦 せりふ足して「怒られた」

 俳優のムロツヨシ(42)が7日、都内で行われた長編アニメーション映画『ボス・ベイビー』(3月21日公開)の日本語吹き替え版完成報告会に出席。見た目はかわいい赤ちゃんなのに中身はおっさんという“ボス・ベイビー”の吹き替え声優を務めたムロは、“ボス”役ということで一人だけ豪華なイスを用意され、「偉そうに見えていませんか?」と恐縮しきり。「いま大事な時期なので、あいつ調子乗り始めたってことになりますので。大丈夫...

続きを読む

広瀬すず「SUNNY」に池田エライザや山本舞香ら出演、コギャル姿披露

広瀬は「高校生サニーチーム、まさに元気の塊でした。エネルギーがすごくて……!! 必死でついていこう!って思いました。ほとんど知っているみんなだったので、心を許しているからこそ仲良くなるのが早かった気がします」とコメント。池田は「奈々でいる時間は担わなければいけないものが多すぎて少し複雑な時もありましたが、物語の中で、奈々が変化していく瞬間がとても愛おしかったです。クランクアップ後、SUNNYロス。それくらい...

続きを読む

事実上の総監督!? 椎名林檎らはどうTokyo魅せるのか 五輪開閉会式演出担う「総合プランニングチーム」

 2020年東京五輪・パラリンピックのハイライトの一つとなる開・閉会式について、大会組織委員会が演出に関する「総合プランニングチーム」を設置した。メンバーは「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどで知られる映画監督の山崎貴氏(53)、シンガーソングライターの椎名林檎さん(39)ら8人。平均年齢45.5歳、映像や音楽、舞台芸術などのプロ集団はいかにして選ばれ、どう関わっていくのか。 開・閉会式をめ...

続きを読む

マーク・ハミルは一発屋?本音明かしたギャラ事情

 一世を風靡(ふうび)した作品、役に恵まれても、ブームが去れば、苦難の道が待っていることが多い。「爆報! THE フライデー」(TBS系)などを見ていると、しばしばそうした例が取り上げられる。「一発屋」というやつだ。 だが、米国に目を転じると例外は少なくない。今年を振り返ってみると、「優雅な一発屋」ともいうべき2人が来日し、取材する機会があった。 1人は「スター・ウォーズ」のマーク・ハミル(66)...

続きを読む

『けもフレ』2期、たつき監督の降板覆らず ヤオヨロズ・福原Pが最終報告

 たつき監督が9月25日、「けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです」とツイートしたことから始まった今回の騒動。これに製作委員会側は、監督を擁するヤオヨロズについて「事前の情報共有をしない作品利用があった」「情報は事前に共有してほしい旨の正常化を申し入れた」などと監督降板に至った経緯をサイト上で説明。その後、KADOKAWA井上伸一郎専務らの力添えもあり...

続きを読む

実写ポケモン映画2019年5月公開!ピカチュウ役はライアン・レイノルズ

 「ポケットモンスター」史上初となる実写映画化作品の全米公開日が、2019年5月10日に決定した。米ユニバーサル・ピクチャーズが発表した。【画像】タケシ似?主人公役はジャスティス・スミス ニンテンドー3DS用ゲームソフト「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」を基に、父親を何者かに誘拐されてしまったティーンエイジャーの主人公(ジャスティス・スミス)が、ピカチュウとチームを組んで父親を捜すさまを描く本作(同ゲー...

続きを読む

“お正月映画”がなくなった? 求められる年末年始の風物詩

 師走に入り、年末年始が近づくなかエンタテインメントシーンを振り返ると、音楽は年末といえば各地で行われる恒例のカウントダウンライブ。テレビは大晦日のNHK紅白歌合戦や新年の箱根駅伝などがすぐに思い浮かぶ。ところが、映画はどうだろうか。冬の“お正月映画”がいつのまにかなくなってしまったように感じられる。 映画会社の大作編成は今も昔も変わらない  しかし、映画会社にとってのお正月興行は、春休み...

続きを読む

<君の名は。>来年1月3日に地上波初放送 新海誠監督「少し緊張も感じます」

地上波初放送にあたり、新海監督もコメントを寄せた。「地上波のゴールデンタイムに自分の作った映画を観ていただけるなんて、これまで想像したことがありませんでした。でも、自分が子どもの頃はテレビで観る映画はとても楽しみでしたし、そこでしか知ることができなかったものもたくさんありました。そういう意味では、自分が子ども時代に受け取ったものを、今度は自分が違う世代の方たちに届けることができるようになったのだな...

続きを読む

映画『鋼の錬金術師』が全員日本人キャストになった意図

 荒川弘による世界的人気コミックを実写化した映画『鋼の錬金術師』(12月1日公開)は、なぜ西洋風の世界観でありながら日本人キャストがそろえられたのか。そこにはある理由があった。原作の背景から研究し、本作を作り上げた曽利文彦監督がインタビューで明かした。(取材:編集部・井本早紀)【画像】驚愕の仕上がりを見せたキャスト 実写『鋼の錬金術師』よりーーまず映画公開が発表された際に、映画『鋼の錬金術師』が続編...

続きを読む

堀江貴文氏、井筒監督の発言に「人間として最低」

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(45)が、映画監督の井筒和幸氏(64)の発言に対し「人間として最低」と批判した。 24日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」は、井筒監督が連載中のコラムで、興行重視で“売れ線キャスティング”しかしない昨今の映画に苦言を呈するとともに「虚業が増えて、生産業が絶滅する」と嘆いた発言を紹介した。 堀江氏は、映画の現状に関する発言には理解を示したものの、「虚業がうんぬん...

続きを読む

黒木華&野村周平がW主演!「ビブリア古書堂の事件手帖」映画化

[映画.com ニュース] 三上延氏の人気ミステリー小説「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズが、黒木華と野村周平のダブル主演で実写映画化されることが明らかになった。第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門で審査員特別賞に輝いた「幼な子われらに生まれ」を手がけた三島有紀子監督がメガホンをとり、10月初旬にクランクイン。11月上旬にクランクアップを迎え、公開は2018年を予定している。シリーズ累計発行部...

続きを読む

JASRAC、映画音楽の上映使用料を引き上げへ 劇場側は「死活問題」と反発

日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月8日、映画音楽の上映使用料を大幅に引き上げる方針を明らかにした。現在1本あたり18万円の定額制としている外国映画について、興行収入の1~2%を映画館から徴収する形に改め、将来的には邦画も同様の契約に変更することを目指す。名画座などでのリバイバル上映からも新たに徴収する意向で、劇場側は「つぶれる映画館が出かねない。死活問題だ」と反発している。※引用元:JASRAC、映画音楽の上映...

続きを読む

宮崎駿監督、新作タイトルは「君たちはどう生きるか」

 アニメーション監督の宮崎駿さん(76)は28日、制作中の新作の題名が「君たちはどう生きるか」になると明かした。1937年に吉野源三郎が発表した名著から取った。「その本が主人公にとって大きな意味を持つという話です」と内容にも触れた。「完成には3年か4年かかる」と言う。※引用元:宮崎駿監督、新作タイトルは「君たちはどう生きるか」:朝日新聞デジタルhttp://www.asahi.com/articles/ASKBX5T4ZKBXUCLV008.html...

続きを読む

橋本環奈に異変? 映画祭登場に「腕ムッチムチやん」

   2017年10月25日、第30回東京国際映画祭が開幕し、出演者らがレッドカーペット上を歩くオープニングイベントが六本木ヒルズアリーナで行われた。   「若い世代に映画の魅力を伝えていく」アンバサダーに就任した、「1000年に1人の美少女」としてブレークした女優の橋本環奈さん(18)が登場し、挨拶を述べた。※引用元:橋本環奈に異変? 映画祭登場に「腕ムッチムチやん」https://www.j-cast.com...

続きを読む

佐々木希の出演映画「一茶」お蔵入り危機 “金銭トラブル”で製作会社が倒産

 日本を代表する俳人・小林一茶の生きざまを描いた映画「一茶」が、プロデューサーの自己破産、大口出資者の支援打ち切りで公開できない状態に陥っていることが本紙の取材でわかった。マルチ俳優のリリー・フランキー(53)が一茶を、その妻たちを最近脱ぎっぷりが評判の佐々木希(29)、水川あさみ(34)が体当たりで演じ、濡れ場もある話題作だが、佐々木らは“脱ぎ損”になってしまいそうな状況だ。 同作は直木賞作家・藤...

続きを読む

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: